心と体

2024年3月31日 (日)

ナイアード社のヘナ+木藍を愛用してます(宣伝ではありません)

40代の頃に白髪が増え始めて、白髪染めには「自然」なモノが良いだろうと、「ヘナ」を使用していました。

ただ、何といっても染めるのに時間がかかるというデメリットがあって、50代になるともう面倒くさくなって、多く販売されている化学染料系のメンズヘアカラー商品を使うようになりました。

ところが、京都に引っ越して賃貸で生活する事になり、まず気をつけなきゃと思ったのが、ヘアカラーで浴室とか洗面台を汚してしまう事だったんですね。
ヘアカラーってモノに付着しちゃうと、ほとんど汚れを落とせなくなっちゃいますからね~。

という事で、色々と思案した結果、また「ヘナ」を使う事に決めました。

Photo_20240331152101

かつてヘナを使っていた時には、うまく髪が黒く染まらず、いつも赤っぽくなってしまって、当時は周囲から「わざと赤く髪を染めている」と思われていたそうなんです(笑)。
私の方は、もともと髪が母親に似て栗毛色だったので、白髪もその影響で黒に染まりにくいのかな~なんて思ってたんですが
(^o^)
京都の東急ハンズで、10年ぶりにナイアード社のヘナを購入すると、説明書には赤っぽくならない為の注意書きもちゃんと書かれていて、その通りにしたら上手に黒く染まるようになりました!

染める順序は
①まず髪は温水でよく濡らしておく。
②ヘナを温水で溶いたペーストをしっかりと塗り付ける。
③ヘアキャップをかけて、3分くらいドライヤーで温める。
④約40分置いてから(かつて赤っぽくなったのは、1時間以上も置いていたからと判明!)ペーストを洗い流す。
⑤ホットタオルを巻き10分温める ← これも面倒だけど、効果的らしい★

Photo_20240331152201

かつては、化学系のヘアカラーの害が怖くて、どちらかというと仕方なく使っていたヘナですが、綺麗に染まるようになると楽しくなってきました。

ただ、やはりデメリットは「全工程で1時間近くかかる」「数日草っぽい匂いが髪に残る」「染めた当日はシャンプーしないほうが良いらしいので(石鹸で軽く流しますが)しばらくかゆい」といった点です。

しかし、個人的にはいつまでも若々しく在りたいと思うので、白髪染めは続けようと思っています。

2024年3月23日 (土)

忘れちゃいけない志(こころざし)

今から20年以上前、前職の東京支店で勤務していた時に研修を受けた「青年塾」の先輩塾生から、レターが届きました。

私がこの1年間に2回の引っ越しをしていたせいもあり、郵便が次々転送をされてくる間に随分と時間がかかってしまっていましたが、とどいたモノは今年5月に開催される【青年塾第1回志発表全国大会】の案内でした。

青年塾は、研修後も「生涯塾生」である、という実践の場なんです。

私も東クラス6期生として「出発」しましたが、その後東京から香川県に転勤した後も、西クラスのメンバーの集まりに合流し、塾生OBとして、何度か地方の活動や全国的な集会にも参加してきました。
しかし色々と忙しくなってきて、ここ何年も青年塾活動の具体的な活動はおろそかになってしまい、特に前職の会社のM&A開始以降は、全く時間が取れなくなって、すっかりご無沙汰になっていました(それでもインターネット会員だけは継続してきましたが・・・)。

驚いたことに、神奈川県で会社経営をしているその先輩塾生のもとに、かつて私を青年塾に推薦してくれた香川県の恩人(92歳!)が、車いすの体でわざわざ香川県から神奈川まで新幹線に乗って、全国大会の成功に向けて、先輩塾生の激励に訪れたというのです。青年塾の支援者にも、凄い人が大勢居られます!!

こうなったら、今は宗教法人に奉職する、もうとっくに還暦も過ぎた身ではありますが、全国大会に参加するしかありません(笑)。本当に、私自身は発表を拝聴するだけの出席かもしれませんが、今現在青年塾に志を持って参加されている塾生の多くが、本当にこれから日本を、世界を変えていくであろう有志だと思っています!

そこから私もまた志新たに、信仰を通して理想世界の実現に向け、頑張っていきたいと思います!!

【参考資料】

Photo_20240331101001
青年塾創設者 上甲晃(じょうこう・あきら)
昭和16年大阪市生まれ。40年京都大学卒業と同時に、松下電器産業(現・パナソニック)入社。広報、電子レンジ販売などを担当し、56年松下政経塾に出向。理事・塾頭、常務理事・副塾長を歴任。平成8年松下電器産業を退職、志ネットワーク社を設立。翌年、青年塾を創設。同塾で20年以上にわたる指導を続け、1700名を超える若者たちを育ててきた人材育成のスペシャリストである。著書に『志のみ持参』『志を教える』『志を継ぐ』『松下幸之助に学んだ人生で大切なこと』 『人生の合い言葉』(いずれも致知出版社)など多数。

2021年4月18日 (日)

エコ・デンタルフロス

年齢的に、歯と歯の隙間が気になる年頃・・・みっともないけど、現実問題として、食後の歯磨きだけでは歯間の汚れを取りきれないんですよね(^^;
30代の頃からフロスは使っているんですが、特にここ数年は欠かさず食後に使用するようにしています。
意外と私と同じくらいの年齢で、結構歯を失っている人も多いのを知って驚きました!!

ともあれ毎日使うモノですから、適当に安価品で済ませていた時期もあったり、ちょっと良いものを使ってみたり・・・でも使ってみると、たかがフロスかもしれませんが、良し悪しはありますよね~。
とは言っても、特にオススメの商品があるわけではありませんが・・・

SDGsの昨今、先日からこの【エコ・フロス】に切り替えました。

Photo_20210418213101

使った感想として・・・
・まぁ、エコ素材を使っていますという自己満足感。
・う~ん、ちょっとお値段高い。まぁ、それは当然かも・・・
・もうちょっとサイズ小さくして欲しい。なぜこう妙に大きなサイズなのか不思議(欧米サイズなんだろうね~)。
・フロス部分が切れない!このしっかりした作りはGood!!
・でもまぁ、使用感は安物フロスです。トホホ・・・。

いずれにしても、ちょっとまとめ買いしたので、当面はしっかりと使ってみたいと思います(^o^)v

 

2020年10月10日 (土)

人間ドック健診

先週の健康診断で、初めて胃カメラの検査を経験しました!

全然楽だったという人も居れば、二度と受けたくないという人も居て、恐る恐るだったのですが・・・やっぱり苦しかったです(笑)。でも、バリウムだと検査後ほぼ一日お腹の調子が悪いんですよね・・・下剤のせいだと思いますが。お腹が落ち着いてから出勤していたものの、調子悪かったです。

胃カメラの場合は、確かに診療中とか苦しかったけど、終わった後は(ちょっと鼻の中とかヒリヒリしますけど)普通に仕事にかかれたし、そういう意味でも、次回からはバリウムじゃなくて胃カメラにしようと思いました。あと、バリウム検査は前から被爆の問題が気になっていたし(医学的には問題ないんでしょうけど、気分的にちょっと)。

最近、以下のような内容の記事を見つけました(要約したものです)。お医者さんはバリウムの検査なんて受けないようですが・・・どうなんでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
バリウム検査で見つけることができるのは「粘膜下層」という粘膜の表面よりも深くまで進行してしまったがんだけ。
胃カメラは粘膜の表面に胃がんが生じた段階で発見することができる。胃がんをより早期に発見したいのであれば胃カメラの方が断然有効。
バリウム検査で胃がんの疑いがあると診断された場合にも、二次検査として胃カメラでの確認を行う。結局二度手間なので、初めから胃カメラを行った方が良い。精度の違いを知っている医師がバリウム検査を受けることはまず無い。
バリウム検査は約80年前、胃がんのメカニズムが分かる以前に開発された古い検査で、日々進化する胃カメラの精度にはかなわない。
胃カメラ検査は医師しか行うことができないが、バリウム検査はレントゲン技師も行うことができるので、コスト削減のためにバリウム検査のみを行う医療機関も多く存在する。
今の胃カメラは苦しくない上に機能も充実している。画像の鮮明度も大幅に向上しており、さまざまな撮影モードやズーム機能なども実装されるなど目覚ましい進化を遂げている。
一方、バリウム検査はこの数十年大きく進歩したといえることはなく、バリウム剤が少し飲みやすくなった程度のマイナーチェンジのみ。
バリウムより胃カメラの方が、胃がんの発見率は1000倍も高い。
胃カメラに比べ、バリウムが優れているといえる点はと「無い」といっても過言ではないだろう。

ピロリ菌検査や除菌には、数千円程度の費用がかかるが、胃がんに罹患するリスクを大きく下げることができる。胃がんを予防したいという方は、ピロリ菌検査がお勧め。
ピロリ菌の除菌による予防が普及すれば、胃がんはいずれほとんどなくなると考えられる。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

色々な意見も有るでしょうけど、参考にしたいと思います☆

2020年9月22日 (火)

4連休の教本学習

4連休は、相変わらずのステイホームで終了。

コロナの問題が無ければ、聖地での教本講座に参加する予定だったのですが、結果的に9月の祭典行事・各種講座等は、全て本部関係者のみでの執行という事で、今回は初めてお玉串を郵便振込で送金するという経験をしました。

でも、このコロナ禍で、これまで聖地まで行かなければ受講できなかった講座とか、参拝できなかった祭典が、ほとんどオンラインで提供されるようになって、逆に良かった面もあります。

それはともかく、教本講座については、もともとが講話レジュメ作成+講話発表実習、最後に筆記+実技試験で、合格したら一定の認定級をもらえるという内容なので、オンライン講座は無し。

Photo_20200922193401

なので、本部の先生に色々と問い合わせて、講座で本来取り組むはずだった課題を教えてもらい、ほぼ4日間、それにむけての自主学習やってました。ただ、資料をまとめるところまでは結構できたけど、講話の案を考えるのはこれから(^o^;;

まぁ、次の講座がいつになるか判らないし・・・ボチボチ考えていこうと思っています。

2020年8月13日 (木)

新型コロナウイルス早期終息祈願祭

暑い~~~

どう考えても、やっぱり地球温暖化なんでしょうね~・・・・

さてさて、夏休みで4連休なんですが、暑いしコロナの問題もあるし・・・結局ステイ・ホームです(^o^;;

ところで、本日は「新型コロナウイルス早期終息祈願祭」を、オンラインにて参拝(遥拝)させていただきました。

一日も早く、平凡な日常に立ち還ることができますように・・・・

Photo_20200813222101

2020年7月24日 (金)

無病息災・疫病退散!

この4連休は、特にお出かけする事も無く、お買い物はNET通販ですませて、ステイ・ホームを決め込んでいます。あ、明日は社屋内の電気工事の立ち合いで、午前中出社しないといけないですが。

それにしても、Go Toなんとかの賛否が騒がれながら、また感染拡大も騒がれ始め、何となくざわざわした気持ちの日々を送っています。

比較的落ち着いている四国のド田舎とはいえ、首都圏との往来もボチボチ始まっているし、変なところからウイルスが入ってきませんように・・・

ご祈願しておきましょう~ (-_-)

Photo_20200724204101

2020年7月 1日 (水)

一霊四魂の言霊

本日は事業部の朝礼のスピーチ当番、2週間に1回くらい廻ってくるのですが・・・

話のネタが無くて、咄嗟に思い付いた「言霊(ことだま)」のお話を・・・

神道の「一霊四魂(いちれいしこん)」という

一霊 = 直霊(なおひのみたま)
四魂 = 荒魂(あらみたま)和魂(にぎみたま)幸魂(さちみたま)奇魂(くしみたま)

Photo_20200701174701

その魂が、言霊学的にそれぞれの母音に照応しているというお話で

ア = 幸魂(愛)
イ = 奇魂(智)
ウ = 直霊
エ = 荒魂(勇)
オ = 和魂(親)

自分の名前をアルファベットで書いて、AIUEOどの数が多いか???

ちなみに私は、名前の8つの母音のうち4つが幸魂で、1つも無いのが荒魂です(^o^)

これは、どの数が多ければとか、良い悪いというのは無いですが、それぞれの魂の働きも、正の方向と負の方向(逆魂)がありますので、いづれにしても良い心の動きに従わないとね、という話をさせていただきました。

2020年6月29日 (月)

朝拝・夕拝当番になりました。

気が付けば、はや今年も半分終わりつつあるのですね。。。。。

コロナ感染症拡大で、年度の初めから大変な事ばかりではありましたが、こちらは香川県の田舎ですから世間で騒がれている在宅勤務とかテレワークとは縁の無いまま、ひたすら多忙な日々を送っています。東京・大阪の営業所は、さすがに今でも交代制で在宅勤務やってもらってますが。

ブログも相変わらず放置状態になっていたので、そろそろ何か書こうとは思いつつ・・・・

Img_1209

ところで、昨日の28日(日曜日)は、初めての朝拝・夕拝当番でした。高齢化が進み、当番を勤めてきた方々の中から、これ以上はちょっと厳しいという方が出てきて、私が月に1回か2回程度ですが、朝・夕拝を担当することになりました。これも時の流れでしょうし、しっかりとお勤めさせていただきます(^o^)v 朝は5時起きで、ちょっと辛いですが(飲みすぎ注意!!)

信仰関係のお話は、もうあまり出さない予定ではありますが、それにしてもコロナもまた拡大してきそうで、ちょっと怖いなぁ。このまま落ち着いて欲しいとこではありますが・・・・。7月からは、機会が有れば京都の聖地での講座に参加したいと思ってます。

2019年11月 6日 (水)

開祖大祭参拝~高熊山・瑞泉苑・小幡神社参拝

Img_0759

11/2~11/4の3連休中は、
11/2の午後、11/3の夜、11/4の午前と午後は、亀岡の天恩郷にて道場講座を聴講
11/3の午前と午後は綾部開祖大祭・秋季祖霊大祭に参拝
と、結構スケジュール一杯に聖地で過ごしてきました。
11/3の夜の講座の後、「明日の高熊山行きますか?」と道場課の先生に尋ねられ、修行者でなければ行けないと思っていたものですから、思わぬお誘いにメッチャ喜んでしまいました(^o^v
実は11/3の午前中は、午後の講座まで時間をつぶそうと、FPの継続教育テストを持ってきていたのですが、おかげさまでなかなか行けない聖地に参拝する事ができてラッキーでした。

Img_0794

高熊山岩窟前

Img_0805

瑞泉苑

Img_0812

小幡神社

ところで、今回の宿泊では、視覚障害を持たれている方と相部屋になり、開祖大祭の前日から何かとその方(まだ未信徒ですが、大本の御教えをとても良く学ばれていました!)のお世話をする事となりました。帰りが心配でしたので、その方が開祖大祭を終えて京都駅からバスに乗るところまで、お世話させていただきました。実際に重い障害を持たれている方とほぼ一日過ごしたことで、色々と学ぶ事ができました。その方とはLINEも交換したので、またいつか聖地でお会いできる機会があると思ってます(^o^)
しかし、どんな困難があっても明るく前向きに生きるって大切だなあ・・・・。頑張らなくては!!

アクセサリー ♧

アクセサリー ♢

  • 月と星と妖精ダスト
  • クリスマス・オーナメント
  • ダイヤモンド・ダスト

Weather News


ブログランキング